栃木県益子町に昨年オープンした、“道の駅ましこ”へ行ってきました。

山並みが重なったような外観が特徴の施設です。

 

DSC_1228

 

コンクリートの土台に山型の木架構を乗せた構造になっていて、

それぞれスパンの違う3連の山型が重なって

内部はなんとも面白い空間になっています。

 

DSC_1244

 

いろいろ調べてみると

架構の集成材は地元の地場産のスギをつかい、地元の工場で加工されたものだそう。

土台に塗られている土壁も、地元益子の土をつかい

地元の職人さんの手によって塗られたものなんだとか。

地元の素材、地元の人々の力でつくりあげた建物というのは

道の駅という拠点施設として、いいアピールになりますね。

 

中では、地元の農産物や工芸品が売られていたり、

テイクアウトやレストランがあったり、

益子焼の展示、ワークショップなども行われていました。

 

DSC_1232

DSC_1236

 

まだオープンして間もないですが

地元の人たちが、いろいろ工夫をして

盛り上げようという雰囲気が伝わってきました。

また、しばらくしたら

訪れてみたいと思います。