岐阜旅2日め。

 

この日は「瞑想の森 市営斎場」から

「多治見モザイクタイルミュージアム」へ行くのがメインの予定です。

 

朝に訪れたのが、「瞑想の森 市営斎場」。

2006年完成、設計は伊東豊雄さんです。

市営の斎場ということもあり、

施設の見学は施設利用のない朝の9時から9時半に限られています。

 

 

駐車場から歩いていくと

山のふもとに真っ白な雲のような屋根の建物が見えてきます。

 

 

ふわふわした白い建物に沿って水面が広がり、

遠くの山並みと合わさって、静かな空間が広がっていました。

 

完成から10年近く経っていますが、白の躯体は屋根に雨汚れはあるものの、

全体的にはとてもきれいな状態が保たれていました。

 

 

エントランス。壁と床が円孤でつながり、

石張りが連続しているデザインになっています。

 

 

待合ロビーから外。

中にいても建物の屋根の曖昧さとガラスによって

外との境界も曖昧になっています。

 

ここに立つ人々は、水面と遠くの景色を見つめながら

故人への思いを馳せるんだろうなあと思うような、

そんな瞑想のための空間がつくられていました。